旅するDAHON

 自転車は旅の醍醐味を増やしてくれる。その自転車が自分でカスタムしたものだったしたらなおさらのこと。例えば自分で作った筏で川を下るような、そう、トムソーヤやハックルベリーを読んで胸をときめかせていたあの頃の自分に返らせてくれるからだ。
 そこで、どうしてもディープなカスタムバイクの世界をご紹介したくて、密かにオープンしたのがこの工房である。自転車を走らせる喜びにカスタムする喜びを加えることによって、自転車を楽しみ尽くしていただくために。
 ところでどうして秘密の自転車工房なのかって?正にそれこそがこの自転車工房の秘密なのです。

 

 ビテス君が家にやってきたのは2014年1月24日、時が経つのは早いもので、あっという間に3年以上の月日が経過してしまった。

その間、ビテス君は主力マシンとしてフィールドを経験してきた。時には130キロメートルを超えるフルフラットコースを走り、時には険しい峠を越え、雲の中を走り、真冬の

 幾度の細かなカスタムを経てやっと旅するDAHONの形が見えてきた。

 

 

Incididunt

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetu.

 

Consectetur

Ut suscipit imperdiet Nisl, non vitae blandit.

 

Simsalabim

Ut suscipit imperdiet nisl hest tempor.


Clients

Consectetur adipiscing elit. Inscite autem medicinae et gubernationis ultimum cum ultimo sapientiae comparatur.

Awards

Mihi quidem Antiochum, quem audis, satis belle videris attendere. Hanc igitur quoque transfer in animum dirigentes.

Publications

Tamen a proposito, inquam, aberramus. Non igitur potestis voluptate omnia dirigentes aut tueri aut retinere virtutem.