自転車選び

ポタリングに向いている自転車とは

 ポタリングに必要なものといえば、もちろん自転車ということになるわけですが、一口に自転車といっても沢山の種類があるので、迷ってしまいますよね。ポタリングに向いている自転車とは、いったいどんな自転車なのでしょうか。


 ママチャリの通称で知られるミニサイクルにちょっと大き目のシティサイクル。クロスバイクにマウンテンバイク。ロードバイクにランドナーにシクロクロス。小さなホイールのミニベロに、折り畳むことができるフォールディングバイク。そしてサーファー御用達のビーチサイクル。モトクロス用のBMX、最近はタイヤがやたらと太いファットバイクも良く見かけるようになりました。

 結論から言えば、どんな自転車でもポタリングすることは出来るということになるのですが、思う存分楽しみたいと思ったら、自分のポタリングスタイルに合った自転車を選びたいところです。

 ポタリングスタイルは、人それぞれ千差万別ですが、自転車は、ポタリング形態、ポタリングする距離、ポタリングするコース、立ち寄る場所での駐輪のしかたの4つの要素によって決まってきます。自分のポタリングスタイルに合った自転車とは一体どんな自転車なのか、要素ひとつひとつ確認していくことにしましょう。

ポタリング形態に合わせる

 公共交通機関を利用する輪行では、自転車を輪行バックに収納しねければいけないので、簡単かつコンパクトに折り畳めるフォールディングタイプのミニベロが向いています。

 車載する場合は、ホイールを外すことができる自転車であれば、殆どの乗用車に詰め込むことができます。ホイールを外せるのはホイールがクイックリリース仕様になっているこということになりますから、車載に向いているのはスポーツ仕様の自転車が向いているということになります。

 自走にあった自転車は、いうまでもなく自宅に保管できるサイズであればどんな自転車でもかまわないということになります。

走行距離に合わせる

 ポタリングをはじめたてのころは10Km~20Kmぐらいしか走れなくとも、すぐに30Km~50Kmぐらい走れるようになり、そのうち60Kmから80Kmくらいは走れるようになりますし、さらにそれ以上走ってみたいと思うようになります。
 30km以上走れるようになってくると、少しでも遠くまで走りたいという欲が出てきて、空力性能であるとか、転がり性能であるとか、はたまた、高速安定性などの、性能が良い自転車が欲しくなってきます。ポタリングには、いわゆるスポーツ車と呼ばれる自転車のエントリークラス以上の走行性能を有する自転車が向いているということになります。

コースに合わせる

 舗装道路を走る場合、タイヤの細い自転車が軽くて楽に走れます。未舗装道路を走る場合は1.5インチ以上のタイヤ、サイクリングロードは、路面が荒れていたり、スピードを制限するために段差を設けているところがあるので、細いタイヤは危険です。

 アップダウンの多い道を走る場合は、呼吸を乱さずに有酸素運動の領域で走れるように、変速機付きの自転車が必要です。

 また、トラブルが発生したとしても、きちんと対処できるようにしておかなければなりません。では、どんなトラブルに対処できるようにしておかなければならないのかと言えば。。。
 もうおわかりですよね。それはパンクです。どんなに念入りに整備したとしてもパンクだけは避けて通ることはできませんからね。というわけで、まず、第一のポイントはパンク修理しやすい自転車、つまり、ホイールを簡単に取り外せるクイック仕様のホイールを装備した自転車が望ましいということになります。

駐輪のしかたに合わせる

 ポタリングでは、観光スポットを見学したり、グルメを楽しんだりすることが多いものです。自転車を置いてその場を離れられるようにしておかなければなりません。というわけで、第三のポイントは、どこでも駐輪できる自転車ということになります。できればスタンドを装着しておきたいところです。そしてもうひとつ。高価な自転車は盗まれたら大変です。お奨めすることはできません。