とびしま海道

コース概要

 大小7つの島を結ぶとびしま海道とさざなみ海道をつないで走るコースです。全て一般道を走るコースですが、クルマが少ないので、素晴らしい景色を堪能しながらポタリングすることができます。走行距離もそれほど長くなく、アップダウンもそれほどきつくないので、初心者でもチャレンジできるコースです。

DATA

走行距離 55.1km
参考所要時間 5時間
獲得標高 674m
最大標高差 67m

今治港

とびしま海道の起点となる岡村島の岡村港へは今治港から向かいます。今治港を出向すると直ぐに見えてくる来島海峡大橋真下をくぐります。

岡村島

幾つかの島を経由してたどり着いたのが、どびしま海道の海の玄関口の岡村港。いよいよとびしま海道の旅が始まります。

中ノ島・平羅島

 素晴らしい天気、素晴らしい景色。思わず「ブラボー」と叫びたくなってきます。ちなみのこの中の瀬戸大橋は、映画「ももへの手紙」にも登場するとびしま海道の象徴的な橋でもあります。

大崎下島

 左側の橋が中の瀬戸大橋、そして右側が岡村大橋です。大崎下島には歴史的由緒のある観光地が沢山あるんです。

御手洗

 御手洗は、重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、江戸時代中期から幕末の町の面影が数多く残されているんです。現在公開されている「ももへの手紙」の舞台となった場所でもあり、とにかく素敵なところです。

※クリックすると拡大します。
※クリックすると拡大します。

 御手洗は超有名サイクリスト中村春吉の出身地なんです。なんて偉そうなことを言っとりますが、ここにきて初めてこのことを知ったんです。
自転車で世界一周なんて浪漫を感じますよね。

豊島

 豊島はとびしま海道で最も坂道が多い島ですが、坂の上からの眺めが抜群なので、坂道を上ることが楽しくなってきます。

 中でも豊島と上蒲刈島をつなぐ豊島大橋は、渡るのが勿体無いと思わせるぐらい素晴らしい橋です。

上蒲刈島

 上蒲刈島にはとびしま海道の島々で最も標高が七国見山があります。5月には島のあちこちで山口県と広島県でしか見ることができないヒメヤマツツジが可憐な花を咲かせます。

七国見山

 蒲刈町ウォーキングセンターから七国見山の登山を楽しむことができます。標高457mの山頂からは瀬戸内海を一望することができます。時間に余裕があったら、たまには自転車を降りて山登りを楽しんでみたらいかがでしょうか?

※クリックすると拡大します。
※クリックすると拡大します。
※クリックすると拡大します。
※クリックすると拡大します。

下蒲刈島

 そしてとびしま海道とのお別れは安芸灘大橋の袂にあるトレードマークのモニュメント。世界的に有名な陶芸家の作品だそうです。男性と女性を表しているんだそうです。

さざなみ海道

 旅の終着点は、駅前に日本一短い県道204号線がある安登駅。ちなみに県道204号線はこの横断歩道の部分なんだそうです。

ポタグルメ

焼豚玉子飯

白楽天

 今治のご当地グルメと言えば焼豚玉子飯。そして焼豚玉子飯と言えば白楽天。ほっかほかのご飯の上にタレに絡ませた厚切りの焼豚、さらにその上には半熟の目玉焼き。食べ始めたら止まりません。

あなご重

脇坂屋

 御手洗の名物は穴子。あなご重と言えば脇坂屋。はるばるやって来たのですから、食べて帰らないわけにはいきません。脇坂屋のあなご重はボリューム満点。瀬戸内海の穴子を満喫することができます。

みかん

であいの館

 シーズンになると、あちこちにある無人売店で、みかんを買うことができます。だから、みかんをかじりながら走る。これがとびしま流のポタリング。おみやげに買っていくなら「であいの館」がおすすめす。